• 不要になった中古携帯を処分するには

    新しい機種に変更して、使っていた中古携帯がいらなくなった場合には、処分を検討すると思われます。


    処分をするに当たり、使用者本人や、親しい方の個人情報が漏れないように、事前の処理をしましょう。メールや写真は必要な物だけSDカードに保存をして、パソコンや新しい機種に移しておき、消去します。



    使っていたアプリなども削除し、パスワードなどの設定も解除して、データが何も残っていない状態であれば、中古携帯機種の初期化をして、製造された当初の状態に戻します。機械に精通しているプロでなければ、データを復元するのは難しいでしょう。処分する場合には、市役所や町村役場のゴミ処分の方法を調べます。自治体によっては、中古携帯などの小型の電子機器に関しては、役所に持ち込めば適切に処分してもらえることがあります。

    しかし、携帯回線会社や購入した店舗、携帯端末のメーカーに連絡をして、処分を依頼するように指示を受けることもあります。機種に含まれるレアメタルを工場で取り出して再利用するためです。キャリア携帯の場合は、直営ショップに持ち込むと処理が楽でしょう。


    水没させ、端末に穴を開けてデータの読み取りが不可能な状態で再利用に使われますので、安心して任せられます。

    中古携帯が、格安SIMなどでセット購入していた場合は、業者側の提携するサービス店舗で買取をしてもらえるプランが用意されている場合があります。

    また、破損していなければ中古携帯の買取専門店に持ち込んで売買手続きをするのもいいでしょう。

    評判が高いミライFANの特徴をご紹介するサイトです。

    外見が綺麗で、人気のある機種の場合は、価格も高めに売却出来ることもありますし、認定を受けている業者であれば、データに上書きをして、完全に情報を消去でき、他の人の手に渡っても心配ありません。